• HOME
  • >
  • NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

【校長室通信】パイプライン 第1号


 新入生の皆さん、昨日は入学式が無事終了し、晴れて「白鷗足利」の生徒となりました。入学大変おめでとうございます。 教職員、2・3年生共々熱烈歓迎いたします。早く「白鷗足利」の生活に馴染んでいただきたいと思います。  昨年度は、副校長として皆さんにお世話になっていましたが、本年度から岡部宣男先生に代わり校長となりました大橋芳 樹です。生徒の皆さんが、ここ「白鷗足利」で有意義な高校生活を送り、個人個人の進路希望が実現できるよう、教職員が 一丸となって応援していきます。生徒の皆さんの能力は、自分で蓋をしてしまったり、壁を作ってしまったりしない限り、 無限大です。ぜひ大きな志を掲げ、先生方と一緒に夢に向かって毎日一歩一歩前進してください。  校長になるにあたって、生徒の皆さんが有意義な高校生活を送れるよう「白鷗足利の誓い」と「白鷗足利の日」という生 活指針を考えました。私がかつて宇都宮東高校や栃木高校で校長だった時にも、同様の取り組みをしてきました。「白鷗足 利の誓い」というのは、「はくおうあしかが」の語呂合せから、高校生活の中で部活動でも、学校行事でも、勉強でも、何 でもいいので前向きに取り組むことで、足跡を残していくことを誓う言葉です。ぜひ、「白鷗足利」の高校生活で大きく美 しい足跡を残してください。「白鷗足利の日」というのは、「白鷗足利」の「白(はく)」の語呂合せから毎月8日と9日を 「白鷗足利の日」とし、やはり「白(はく)」の語呂合せから「Hustle & Creative」な行動を心がけた生活をしようという 意味を持つものです。特に、毎月8日と9日は「白鷗足利の日」を意識して、普段よりもさらに将来の夢に向かって積極的 な行動を心がけてください。校長としては、「白鷗足利の日」には、生徒の皆さんの応援のために、「校長室通信 パイプ ライン」を発行します。「パイプライン」という名前は、かつて担任を持ったクラスの生徒・保護者と学校を結ぶものとし て発行したクラス通信の名前です。「パイプライン」の中で、校長の考えていることや思いなどを発信していきたいと思っ ています。「校長室通信 パイプライン」は白鷗大学足利高等学校のホームページにも掲載いたします。

                                                   校長 大橋芳樹

つづきは、以下の

PDF『パイプライン第1号』をご覧ください。